社協とは・・・

☆社協とはなに?                                           

 「社協」とは、社会福祉協議会の略称で、昭和26年(1951年)に
制定された社会福祉事業法(現在は「社会福祉法」)に基づき、
それぞれの都道府県、市区町村にに設置され、地域の人々が
住み慣れた町で安心して生活することができる「福祉のまちづくり」
をめざし、社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的と
しない民間組織(社会福祉法人)です。
右上のマークは社協の「社」をイメージした全国社会福祉協議会の
共通マークです。


☆どんなことをしているの?                                     

 社会福祉法では、社会福祉を目的する事業に関する調査、総合的企画、連絡、調整、助成、普及、宣伝などを行うものと規程されています。
 事業内容は、地域の住民自身の福祉活動・ボランティア活動の推進、住民参加による福祉活動及び第2次地域福祉活動計画の推進などを行っています。
 又、介護保険事業や地域福祉権利擁護事業など公共性を生かし福祉サービスを利用者の支援活動を行っています。 


☆社協会員とはなに?                                        

小山町社会福祉協議会は、町民の皆さんや町内外事業所、福祉施設及び福祉団体により構成された会員組織です。社会福祉協議会が地域性を活かしたオリジナルの事業や福祉サービスを行っていくために必要な財源として「会員会費」があります。地域福祉活動の趣旨に賛同された会員の皆さんからの年会費などにより、様々な事業が展開されています。

会員区分 対    象 年 間
普通会員 @町内の各世帯 500円
A町内の社会福祉法人 10,000円
B放課後児童クラブ 3,000円
C社会福祉関係団体 3,000円
D職能団体 3,000円
ENPO法人・ボランティア団体 3,000円
個人賛助会員 町内等の各種団体の役職
についている方等
2,000円
事業所等賛助会員 町内等の事業所 10,000円



[ ホーム トップ ]